FORMAL RULE

紳士フォーマルルール

  • モーニングコート【正礼装】

    STYLINGスタイリング

    一般的には、黒の共布のジャケットにベスト、縞のコール地のスラックス。ジャケット・ベスト・スラックスをグレーにしたモーニングコートもある。

    Morning CoatMorning Coat

    Day timeDay time( ~18:00)
    Host

    格式の高い結婚式及び披露宴での新郎、お父様。入学式や卒業式などでの教職員。皇室主催の園遊会や叙勲の伝達式に出席の方。葬儀及び告別式での喪主や近親者、大きな規模の告別式の主たる立場の方。
    通夜及び三回忌以降の法事には着用しない。

    Guest

    格式の高い結婚式及び披露宴での主賓。

    ジャケット
    型は1つ釦のピークドラペル、フロントはウエストから裾にかけて曲線的に大きくカットされている。
    スラックス
    裾はシングル、後ろをやや長く斜めにカットしたモーニングカット。
    シャツ
    白無地のレギュラーカラーまたはウイングカラーで、ダブルカフスが基本だが、シングルカフスでも可。
    タイ
    シルバーグレー、白黒の縞の結び下げタイやアスコットタイ。
    アクセサリ
    • ・カフリンクスゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝等の白い石。
    • ・サスペンダー白黒の縞柄や黒無地など。ベルトは不可。
    • ・チーフ白で麻素材のものをスリーピークにして。
    • ・手袋白かグレーの革製または布製のもの。
      グレーの鹿革が正式だが、一般的には白手袋。
    • ・ソックス白黒の縞が基本。または黒無地で。
    正喪服の場合
    • ● ベスト:ジャケットと共布の黒を着用し、白衿は付けない。
    • ● シャツ:レギュラーカラーのみ。カフスはシングル、ダブルどちらでも良い。
    • ● タイ・ソックス:黒無地
    • ● チーフ:挿さなくても良いが、挿す場合は黒チーフをTVフォールドで。
    • ● カフリンクス:つける場合は、黒真珠やオニキスなどの黒い石で、金属の台座はシルバーのもの。
  • 燕尾服【正礼装】

    STYLINGスタイリング

    すべてを白と黒でまとめるのが基本。

    Swallowtail CoatSwallowtail Coat

    Night timeNight time(18:00~ )
    Host

    格式の高い結婚式及び披露宴での新郎。
    大綬章親授式(昼)、ノーベル賞授賞式、公的な音楽会。

    Guest

    公式の晩餐会の招待状に“ホワイトタイ”の服装指定がある場合。 大綬章親授式(昼)、ノーベル賞授賞式、公的な音楽会など。

    ジャケット
    衿は拝絹が付いたピークドラペル。
    スラックス
    股上が深くみぞおちの位置まであるハイライズ仕様で側章2本付き。
    シャツ
    白無地でステップザム(イカ胸)と呼ばれる胸部分が固く糊付けされたもの。
    袖口はシングルが発祥だが、ダブルカフスも可とされている。(別名イブニングシャツ)スタッド釦仕様
    ベスト
    衿付きの白ピケのダブルまたはシングル。
    タイ
    ベストと共布の白のコットンピケの蝶タイで。
    黒のエナメル(パテントレザー)で内羽根式のプレーントゥ、またはオペラパンプス。
    アクセサリ
    • ・カフリンクス白蝶貝が最適。スタッド釦はお揃いを。
    • ・サスペンダー白無地。
    • ・チーフシルクまたは本麻の白無地。
    • ・手袋白の鹿革製が正式。布製も可。
    • ・ソックス長めの黒無地。(ロングホーズ)
  • タキシード【正礼装】

    STYLINGスタイリング

    すべてを白と黒でまとめるのが基本

    TuxedoTuxedo

    Night timeNight time(18:00~ )
    Host

    結婚式及び披露宴での新郎、お父様。夕方から夜にかかる各種式典やパーティに出席の方。

    Guest

    結婚式及び披露宴での主賓、伯父様、叔父様、上司の方。夕方から夜にかかる各種式典やパーティに出席の方。海外クルーズでのフォーマルナイト。"ブラックタイ"の服装指定がある場合

    ジャケット
    衿は拝絹が付いた、ピークドラペル・ショールカラーの型がある。脇ポケットは両玉縁、ノーベントが原則。
    スラックス
    側章1本付き。素材は黒の拝絹地または黒のモールを用いる。
    シャツ
    白無地でウイングカラーまたはレギュラーカラーのプリーツ付き。 シングルかダブルカフス。 前立ての釦を見せないことがマナーのため比翼仕様またはスタッド釦仕様のシャツを着用。
    ベスト
    黒の蝶タイ&カマーバンドが基本。着用シーンにより同じ色柄の蝶タイ&シルクベストも可。ディナーベストと呼称する共生地のベストも可
    タイ
    ブラックタイの指定がある場合は黒の蝶タイが基本。
    黒のエナメルで内羽根式のプレーントゥ、またはオペラパンプス。
    アクセサリ
    • ・カフリンクス白黒蝶貝やオニキスが最適。スタッド釦はお揃いを。
    • ・サスペンダー黒無地が基本。
    • ・チーフシルクの白無地または麻が基本。
  • ディレクターズスーツ【準礼装】

    STYLINGスタイリング

    黒のジャケットに、グレーベストと縞のコール地のスラックス。

    Directors SuitDirectors Suit

    Night timeNight time(18:00~ )
    Host

    結婚式及び披露宴での新郎、お父様。各種式典や祝賀会、入学・卒業式など。

    Guest

    結婚式及び披露宴での主賓、伯父様、叔父様、上司の方。各種式典やパーティに出席の方。 慶事で、ブラックスーツよりワンランク上の装いとして着用する場合。

    ジャケット
    シングル・ダブルどちらでも可。色は黒やダークグレー、濃紺の無地でノーベントが最適。衿型は1釦ピークドラペルが望ましい。
    スラックス
    明るめのグレー地で、柄はストライプ。裾はシングル。
    シャツ
    白無地でレギュラーカラーまたはウイングカラーで、シングルかダブルカフス。
    ベスト
    ジャケットと共布か、ウールやシルク素材のグレーまたはオフホワイト。
    タイ
    シルバーグレー、白黒の縞の結び下げタイまたはアスコットタイ。
    黒のカーフのストレートチップやプレーントゥ。
    アクセサリ※基本としてモーニングコートのコーディネートに準じる。
    • ・カフリンクスゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝等の白い石。
    • ・サスペンダー白黒の縞柄や黒無地など。
    • ・チーフ白で麻かシルク素材のもの。
    • ・ソックス白黒の縞が基本。または黒無地。
  • ブラックスーツ【準礼装】

    STYLINGスタイリング

    黒ジャケットに共布のスラックス。シャツやタイは着用シーンや立場に合わせてコーディネイトを。

    Directors SuitDirectors Suit

    Day timeDay timeDay time & Night time
    Host

    格式高い結婚式・披露宴を含む、一般的に行われるほとんどの結婚式や披露宴、各種式典及びパーティ・葬儀・告別式・お別れの会など。

    Guest

    一般的に行われるほとんどの慶事・弔事参列者に。
    結婚式や披露宴、各種式典及びパーティ・葬儀・告別式など。

    ジャケット
    シングルの1釦、2釦、ダブルの4釦、6釦などバリエーションは豊富。
    スラックス
    ジャケットと共布で裾はシングルのモーニングカットが基本。
    シャツ
    レギュラーカラーまたはウイングカラーの白が基本だが、パステルカラーも可。シングルかダブルカフス。
    タイ
    白黒やシルバーグレー、淡色などの無地やペイズリー、縞などの結び下げタイ。アスコットタイ・蝶タイ・クロスタイなどをシルクベストとコーディネイトして着用するとお洒落。
    黒のカーフのストレートチップやプレーントゥ。
    アクセサリ
    • ・カフリンクスゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝等の白い石が基本。スワロフスキー等も可。
    • ・チーフ麻またはシルクの白無地かシルバーグレーが一般的。色物や柄物でも可。
    • ・ソックス黒無地。
    弔事の場合
    • ● ベスト:ジャケットと共布の黒を着用し、白衿はつけない。
    • ● シャツ:レギュラーカラーのみ。カフスはシングル、ダブルどちらでも良い。
    • ● タイ:黒無地。
    • ● アクセサリ:全て黒、金属はシルバーで統一。
    • ● チーフ:基本的につけない。