CONCEPT

正統を纏う

もう名刺や肩書で判断される時代は終わりました。
名刺を渡さなくても、瞬時に相手が感じるものがあります。

海外では当たり前のことですが、日本にもその時代が来ています。
話す前に、伝える前に、すでに決着はついています。

「私のスーツは名刺代わり」

今一度、時代の変化や流行に振り回されるのではなく、10年後・20年後・30年後も変わらず愛用でき、世代を超えて私たちを際立たせてくれる、本物のスーツを再定義します。

1894年に創業、本年で125年目となるKINDWARE(カインドウェア)。
1968年、皇居新宮殿落成に際し、公式儀礼服一切(約700着)のご用命をあずかり、宮内庁御用達企業となりました。その長い歴史の中で「正装(フォーマルウェア)」を定義・確立し、本物にこだわり抜いてきたKINDWAREだからこそ出来ることがあります。

KINDWAREのスーツで、“真の信頼”を獲得していただければ、これ以上の喜びはありません。

世界へメイド・イン・ジャパンの技術をお届けします

今、弊社は第三の創業を迎え、新たに組織や基本理念を一新する覚悟で邁進しております。
「創業の精神」、「変革と創造」  ~ START FROM ZERO ~

ベンチャービジネスを立ち上げた創業者の思いと同じく、さまざまな改革に取り組んでおります。
弊社ならではの商品の独自性を持ち、知的財産を確保し、お客様が安心して継続的に購入できるシステムの構築を図ります。

弊社の企業理念は、「心を豊かに」です。
お客様との「共鳴・共感」を大切にし、世界最高レベルの品質を誇る「商品」を通じて心豊かな社会づくりに貢献する、という考えを表しています。
弊社が自ら生み出した概念・商品にとらわれることなく、これからも社会やお客様が豊かになれる、創造する会社を目指していきます。

渡邊喜雄会長サイン